法律映画の名作「十二人の怒れる男」

シドニー・ルメット監督の『十二人の怒れる男』は、1957年製作の法律をテーマとした映画です。
古い映画ですが、まったく古さを感じさせない映画史上に残る名作です。
主演は、名優ヘンリー・フォンダ。
ニューヨークの法廷で、17歳の少年を容疑者とする殺人事件の裁判が行われます。
少年には、実の父親を殺した容疑がかけられています。
法廷には12人の陪審員が集められていますが、ほとんどの人が日頃から素行の悪かった少年が犯人に違いないと思っており、有罪判決を出すムードが漂っています。
そんな中で一人だけ、ヘンリー・フォンダが無罪を主張し、「時間があるから、ゆっくり考えようじゃないか」と説き伏せます。
この時点での判決は、「有罪11票に対して無罪1票」。
ここから、ヘンリー・フォンダの論理的な説明によって一人また一人と無罪判決を出す人が増えていき、ついには判決が逆転するというストーリーです。
この作品には、冤罪の怖さが描かれています。

月額料金が安い一人親方のための労災案内

コミュニケーションの悩みを解決してくれるセミナースクールとして全国で有名なのがモチベーション&コミュニケーションスクールです

大阪の運転代行で27年の実績

http://www.mune-shouji.com/haken/index.html

法律映画の名作「12人の優しい日本人」

三谷幸喜監督が、法律映画の名作である『十二人の怒れる男』に影響されて作ったという舞台劇『12人の優し

サンプルイメージ2

法律映画の名作「刑法第三十九条」

刑法第三十九条は、2011年に亡くなった森田芳光監督の、まさに刑法第三十九条をテーマにした映画です。

Copyright© 法律 映画 All Rights Reserved.