法律 映画について

法律映画の名作「12人の優しい日本人」

三谷幸喜監督が、法律映画の名作である『十二人の怒れる男』に影響されて作ったという舞台劇『12人の優しい日本人』。
この舞台劇を、中原俊監督が映画化したものです。
もし、日本にアメリカ的な陪審員制度があったらという設定のもとに話が進められていきます。
ある殺人事件の審議のために、12人の陪審員が一室に集められています。
被告人が若い美人だったことから、ほとんどの人が無罪にしたがりましたが、討論好きの陪審員2号(相島一之)が議論をふっかけて疑問を投げかけます。
途中から、売れない役者だという陪審員11号(豊川悦司)が積極的に議論に加わりはじめ、裁判の審議は意外な方向へと展開していきます。
『十二人の怒れる男』は正統派の法廷劇でしたが、『12人の優しい日本人』の方は、いかにも日本人的な気質を持つ人達の井戸端会議を描いたコメディです。
三谷節全開ですから、三谷監督作品が好きな人であれば十分楽しめる映画だと思います。

Copyright© 法律 映画 All Rights Reserved.